辛味が深い

辛味が深いね。

2019/07/15 北海道

また北海道に来た。お前は北海道に来るとすぐ日記を書くな。

 

今回の北海道旅行は、私が大学に入って初めて行った北海道旅行と似た点がかなりあって、でも明らかに違っていて、それが面白く嬉しかったので日記に記しておこうと思う。

 

はじめての北海道旅行は大学1年生の時、事務所イベントに行くために一人で北海道に来た。

自分の周りにその事務所のファンの人もいなかったし、旅行に誘いたいくらい仲のいい友人がいなかったってこともある。

1日目は事務所イベントの日で、安さを理由に会場に近いわけでも札幌駅に近いわけでもない場所にあるゲストハウスに泊まったことを覚えている。事務所イベントを終えて帰ってきたら、ちょうど外国人の観光客が団体で帰ってきたところで、風呂に入りそびれた。ゲストハウスの共用スペースも使っていいのかわからず、自分の価格でソフトカツゲンとどら焼きを食べて寝た。寝る時は周りからお経が聞こえてきたり、イベント後で汗をかいたまま寝たりしたせいでとても寒かった。

朝、誰とも会いたくなくて早朝にゲストハウスを飛び出した。桑園のスーパー銭湯に行ってようやく風呂に入れた。

 

次の日は高校時代の友人と会って大学を案内してもらったりした。これは楽しかった。

その後一人でホテルで焼きそば弁当と、調子に乗って6個買ってしまったチーズタルトを食べた。きつかった。

JRタワーの展望台に行こうとして、受付が見つからずウロウロして諦めたりもした。

今思い返すとかなり失敗続きの旅行だったなと思う。一人で飛行機に乗ってほとんど一人で観光してっていうのははじめてだったので仕方ないか。

 

それで、本題の今回の旅行はかなり順調だ。

今回の旅行の主な目的は面接だった。1日目の今日は面接で、明日明後日は友達と旭川旅行だ。

もうね、友達と旅行している時点でかなり変化もあるし、免許を手に入れたことで旭川まで足を伸ばせるっていうのもすごい進歩だ。

一人旅がいいか友人との旅行がいいかって話は一旦置いておく。

今回もゲストハウスに泊まった。色々な割引で以前より安く、交通の便がいいところに泊まっている。しかもここのゲストハウスは2回目なのでもう勝手知ったるなのだ。風呂も入れた。

夜ご飯には因縁のJRタワーでお寿司を食べた。もうウロウロしていただけのころとは違う。

早朝に飛行機が着いてすぐ桑園のスーパー銭湯に行ったのでこの時間でもあまり疲れていない。3時起きなのに!

 

まあ何が書きたかったのかというと「私、成長したな〜」とそういうこと。もう飽きた。文章をうまくかけない。終了!

6月13日

半年ぶりだな。なんか今日日記の話になって、そういや書いてたなと思い読みに来て今書いている。

去年の10月ごろの私はちゃんと日記を毎日書いていて偉かったな。大切なことよ。自分の日記って一番面白い読み物だから。

とか言って書き出したはいいものの特に書くこともないんだよな。今日は模擬面接をやったり、友達二人とうどんとかき氷を食べるなどした。一人は2ヶ月ぶりくらいにあったから久々に会えて嬉しかった。かき氷は美味しかった。

いわゆるシロップのかき氷じゃなくて、なんか…なんかこう、上にモタっとしたクリームが載っているかき氷(なんとなくわかるでしょ?)をはじめて食べた。案の定美味しくてよかった。久々に腹一杯になり眠くなるやつをやった。

腹一杯になって眠くなって、芝生の上で寝るやつやりたいな。ハンモックとかで寝てみたい。草原デカイ木ハンモック木陰木漏れ日。よろしくお願いします。

模擬面接はまあ多分けっこう緩かったんだろうが、思っていたよりはできたから良かった。面接って要は雑談ってことなのかなと思った。

来週はじめての面接があって、その時に打ちひしがれる可能性もなくはないけど、まあその時はその時でしょ。

公務員志望だと企業の人よりも進みが遅くっていつまでも終わらないからストレス溜まるんじゃないかと懸念していたけど案外そうでもなかった。

いやそれによるストレスは溜まっているんだけど。それ由来のストレスっていうよりも、次の予定が遠すぎて暇すぎることのストレスのがデカイ。マジで暇。いや本来はやるべきこと沢山あるんだろうけど…

まあ、うん。ぼちぼちやっています。特に感情が動いたというアレもないし。今日はこの辺にしておきます。

またこんど!(ヒラサワリスペクト)

2019年の抱負

あけましておめでとうございます。2019回も開けるなんて節操ないな…スケベすぎでは?

 

今年の抱負が出来るのは今のうちだと思うのでちゃんと書いておこうと思います。

 

①公務員試験の勉強を頑張る

 

今年一番大きな出来事は絶対就活だと思う。これは間違いない。公務員一本予定の私にとって、就活は公務員試験の勉強と同義なのでとりあえずこれを頑張ることとする。

実際今本当に公務員になるべきなのか、このまま続けるモチベーションはあるのかとかなり悩んだりしていないことはないんだけれど、とにかくやってみっか〜という気持ちである。

こう思えるようになれたのも、社さんの「とりあえずやりたいことがないんだったら公務員は安定しているし、やりたいことができた時のためにお金を貯めておくのは悪くない」という言葉が大きい。ありがとう社さん。

あと去年卒業した先輩が10月に内定もらった話を聞いて、全部終わった後でも最悪就活できるんだなとわかったからでもある。先輩には先輩の知らぬところで勝手に励まされたり勇気をもらったりしている。ありがとう先輩。

なので万が一受からなくてもそこまで悲観はしないと思う。おそらく…そうならないように頑張ろう。未来の自分を悲しませてはいけない。未来の自分にだけは優しくしてあげなければいけない。

 

②他人に気をつかうのを常にできる状態になる

 

好きな人とか面白い人にはいくらでも気を遣えるけれど、そうじゃない人に対しては全く気がつかえないのが私の唯一の欠点なので、そこを直していきたい。

直すといっても意識的に気をつかうようにすると疲れて最悪なので、他人に気をつかうための大義名分をちゃんと自分の中に作れるようにしたい。自分が正当だと思える理由があればできるようになるので。他人に優しくできるようになれば、多分もっと過ごしやすくなったりするんだろうと思う。その点において、知り合いの私が持っていないものを全部持っている人のやり方がとても器用で好感が持てるため、そのようになりたい。

 

③お金を使い過ぎない

 

今年は去年よりも更に忙しくなり、バイトに今よりも入れなくなると思うのであまりお金を使わないようにしたい。あまりお金を使わないと、突発的にどこかに行きたくなった時などにすぐお金が使えて良いから。

 

④卒論

 

就活終わるまで手を出せそうにないが、とりあえずテーマは決めないとヤバイ。ものによっては冬だと出来なくなる気がする。テーマというか完成を今年にしないといけないと考えると結構なヤバさを感じる。

 

⑤多少サークルもできたらいい

 

絵も描けず文章も満足にかけない(己に求めてるレベルが高いのに練習をしないため)私にとって表現をできるのはサークルの発表しかないため頑張りたいと思っている。日程が合えば大会も出たいが、どうなんだろう…

 

⑥無理はしない

 

無理をすると最悪だから

 

 

 

とりあえず自分が良きように進むことだけを考えて頑張ったり頑張らなかったりしよう。とりあえず目の前にレポートなどなどがヤバイ数あるのでどうにかしてくれ

12月16日

今日は友達たちとご飯会を行った。たのしかった。

しかし楽しかった後には一人になった時の思案タイムが付きものなもので、見事に今それになっている。

頭の中のごちゃごちゃしたものを取り敢えず書き出そうと思ってここに書きにきたが、過去の自分のエントリーを見たら大体書いてあった。

結局私はずっと同じことを悩んだり考えたりしているんだろうな。おかげで見返してスッキリした。

 

まだ書いていないことで新たに思ったのは、「結局、自分の好きなタイプの人間って自分だな」ということだ。

考えてみれば当たり前なんだよな、みんな自分がなりたい人間になろうと思っていて、なりたい人間っていうのはつまり自分の好きなタイプってことなんだから。

なんでこんなことを思ったのかというと、今日みんなでご飯会をしている時に「どんな女・男が好きか」という話になった時にあまり思いつけなかったからだ。見た目とかは好みがあるんだけど、中身の話になるとぴんとこなかった。

なので帰りに一人になって改めて「好きな人間の中身」を考えてみた。ちなみにここで言う「好きな人間」というのは付き合いたい的な意味です。

こっから先書いてたんだけどふつうに恥ずかしすぎる内容になってしまったのでここまでにしておく。自分は見たかったら下書きに保存しておくので見てくれ。

 

11月9日

最近自分がすっげえ拗らせた厨二病なんじゃないのかのものすごく考えている

文字にするのも恥ずかしいけどせっかくなので文字にしておく。だってこの日記誰も見てないもん。アクセス数、1(私)だし。

 

私はもはや人に期待出来なくなっているんじゃないのか?と思う

なんでそんな考えに至ったのかと言うと、この前友達に「一緒に銭湯行こう」と誘われてごく当たり前のように「なんで私のことなんか誘うんだろう…」と思った事ある。そんな自分に気付いてびっくりした。

基本、私の中では「自分から誘わない限り、人と遊びに行けない」と思っているので、人から誘われることに慣れてないのだ。黙っていたら相手が誘ってきてくれるわけないだろ、頭沸いてんのか?とすら思う。

私は私にとってはこの上なく魅力的な人間だと思うけど、他の人にとってはその限りではないとちゃんと知ってるからだ。

思えば小学生ぐらいの時からそうだった。常に自分から動かないと相手からこっちに来ることは絶対にない。多分私だけが相手のことを好き。そんな気持ちが常にどこかにあった。実際そうだった気がするし。

小学生、中学生、高校生の途中の間ぐらいまではそれでもまだ受け身だった。人から施しを受けるのを待っていたわけでは無いと思うが、自己肯定感も低い人間だったので、「私に誘われる相手が可哀想だ」と思って誘えなかった気がする。自分のことを自分の中でさえ下の中だと思っていたので。

大学生になって、バイトなどを始めて自己肯定感が爆上げになったので今はいい友人たちもいて、見事人から誘われるようにすらなったのだった。理由はわからん。まだ。

正直自分は世界から愛されるべき存在だし、こんな悩みすらもいじらしくて可愛いし、ところどころ私好みだし性格の屈折も自信がある自分もめちゃくちゃ可愛いんだけど他人から求められる理由はマジでわからんな。人に期待して報われたこともないし。報われてえが多分この考え方してる限り報われててもそれを認識できない可能性あるんだよな。もしかしたらもう報われてるのかもしれんどっかで。報われててくれ〜〜〜〜〜〜〜あ〜〜〜〜〜〜〜もうわからんかなってきたな本当頭の整理って奴がついたこと一度もないな。色々考えてるうちに分岐してきて結局全リセットしてしまうそういう人間ですカワイ〜〜〜〜〜〜〜ッッッッッ!、!!!!

こうしてぐちゃぐちゃの頭のまま一生を終えるんだろうな。どうにかちゃんとわかりやすく言語化したい………つまり何が言いたかったかと言うと、「人から誘われてどこか行くこと、数えるほどしかなかったのでめちゃくちゃ嬉しかった」って話です。それだけです。そこに付随した色々な自分の感情についてごちゃごちゃになっただけです。人間なんて人それぞれなのでみんな違うところで迷ってるし違うところに躓いているんだょ。なので自分に自信がないとか言ってる人がたまに驚くほど傲慢なことをしていてもそれはその人にとっては問題視している場所じゃないんだよあ〜〒〜〜〜〜あの時もっとちゃんと行ってればな〜〜〜〜〜〜〜!!!心が騒がしくなってきた。寝よう……………

 

 

10月22日

デッケエ愛こと北海道に行ってきた。

北海道は愛なので本当に最高だった。北海道という地に行く行為自体が最高だった。

1日目。朝についてスープカレー食べて自転車借りて公園行って銭湯行って岩盤浴をした。

岩盤浴を始めてしたけどアレ最高だぞ。自然派で丁寧な暮らしをする奴しかやらないと思っていたがあれはやりたくなるな。例えるならば寝ても風邪ひかないコタツ。この日は前日ほぼ寝てないこともあり、外出ても岩盤浴中もずーっとボケーっとしていた。あれは寝てしまうな。

ただ都内でやろうとするとマジで2000円くらいかかってしまうっぽい。高〜〜

近所にもうちょい安く一日中いられる岩盤浴付きスーパー銭湯があるので、次終わりになっちゃったら行こうかな。

スープカレーはリーダーがオススメしていたイエローに行ってきた。辛さ3番を選んだけど全然辛くなくて、もっと辛いの選べばよかったと思った。開店11:30で15分前に行ったら既に列が出来ていた。開店したらすぐ入れたけど、開店前に並んでた人で店はいっぱいになってしまい、30分に来た人は結構長い間待たされていた。

自転車は札幌駅前のえきチャリで借りた。えきチャリってのは、放置自転車を再利用して貸し出してくれるサービスのようなものだ。1日500円。ただ、やはり元が放置自転車であるので、若干ブレーキがうるさかったり、走っている時にストッパーが下がってきてしまったりなどはあった。ただ全然普通に使える。本当に家のチャリという感じであった。この旅行の移動はほぼこの自転車と共にあった。

今回の旅行は特に目的がなく(北海道に来ること自体が目的だった。なぜなら北海道が好きなので…愛…)どこに行くかは常にその場で決めていた。二人ともデカめの原が好きであるというところで一致していたため、デッケエ北海道のデッケエ札幌のデッケエ公園たちを回ることに決めた。

一日目に行ったのは丸山公園。動物園がついているらしいが入らなかった。丸山原始林というのが有名らしく行ってみたかったが、同行者があまり乗り気でなさそうだったのでやめておいた(押せばいけたのかもしれないが私も疲れていた。普段運動しないのに6キロも自転車を漕いでいるので)

この日は前日寝ていないことや飛行機に乗ったことによって、二人とも状態:疲であったので早々に銭湯へ向かった。3時ごろだった。

前にも書いたがこの温泉が最高〜〜であった。2日連続でここに来てしまった。狸小路にあるこみちの湯・ほのかという温泉。岩盤浴温泉付3h 1150円。岩盤浴付きでこれは安い方であると書いておく。マジで最高だった。

このこみちの湯の系列店、どうやら北海道にしかないらしい。東京に来てくれ…そばにいてくれ〜〜〜〜〜!!!!!

次の日にも違う岩盤浴できる店があったし、北海道は岩盤浴が盛んだったりするんだろうか?それとも広い土地は岩盤浴しがちとかそういうのがあるのかな……

友達が札幌に住んでいる友達と会っている間はブックオフバクマン。の立ち読みをしていた。バクマン、面白いんだけど「俺の考えた最強の俺」感があってなんだかみててむずむずする時がある。好きだが……

夜ご飯はすすきので半身揚げ定食を食べた。よく考えたら旅行中全然お酒イベントなかったな。

あとは宿行ってけいおん!のりっちゃんのフィギュアをメルカリで探して寝た。9時くらいにねたと思う。

 

2日目は明日書こうかな

 

10月はは 18日

人間関係、完全手動すぎ〜〜〜〜〜〜

一瞬でも(実際には数ヶ月くらい)手を抜いたら関係維持できないって何?わかんね〜〜〜〜な〜〜〜〜

まあそんなこんなで一つ人間関係が死に、落ち込みそうになった訳だけど。すぐに友達と一日中(文字通り24時間)遊んで完全修復ができた。

こういった時にすぐに会って一緒にサイコーになってくれる友達がいるというのは本当に有難いというかなんというか、幸せだなあと思う。人に自分の気持ちを伝える時間はマジで必要。一番大事だよ……

今回の出来事を受けて感じたのは、私は好きな人に対しては本当に奉仕精神の塊であり、それをやることを一切苦に思わない。でも、それ以外の人に対して一瞬でも気遣うの、めちゃくちゃしんどいということがわかった。

自分の中には「当たり前のように他人にする気遣い」「好きな人に対する気遣い」「関係はあるがどうとも思っていない人に対する気遣い」の3種類が存在しているのだと思う。前二つをやることにはほとんど苦に感じないし、むしろ楽しいくらいなんだけれど、最後のだけは本当にしんどい。でもこれってそうなってみないとわからないのでどうしようもない。精々他人のうちに吟味しておくぐらいか。

今後自分がどうしていきたいかを考えたんだけど、純粋に顔のいい男といい感じになりて〜〜となった。結局顔がいいのって一番必要事項だよ。顔が良ければ大体許せるし。外見は中身の一番外側とはよく言ったもんだよ。

で、顔のいい男といい感じになるためにはそれなりの外見が必要で。結局見た目をよくするか〜という結論に落ち着きそうだ。書くの飽きたな。また書き足そう